SMAPの解散レポートについて

実態の原因は今からすでに半年前になるが、SMAPの解散報知は近年の芸能記事の取り分け個人的に更にびっくりだった。
ただ、こういう一連の報知の中で明るみにされたことはファンの中ではとっくに前提である履歴や推理可話もあったので、連中の置かれているペースそのものに関してはせめて現実ほどのショックはなかったと思うがでも解散に追い込まれるほどの状況になっていたとは驚いたし昔から見てきた集まりだけにショックを隠せなかった。
そのファンの中ではイメージついていたこととは何か?それは、ジャ消耗は社長であるジャニー喜多川さんの姉、メリー喜多川さんの幼児であり次期社長候補と言われている藤島ジュリー景子さん率いる派閥、今回の一連のトラブルでジャ消耗オフィスを退職した飯島三智率いる派閥、あとはジャニー喜多川さんの直属派閥と言われ無所属という役職もされていたジャニー派閥。大きく分けてこういう三大派閥がありSMAPはこういう中で飯島派閥に所属していた。
ただし、藤島ジュリーさんと飯島さんの要因はOKとは言えず細かい事情こそインサイドしか知り得ない事実もあるだろうが、殊にSMAPはジャ消耗オフィスから疎外されていたとみられるコンポーネントもちょいちょいあった。ジャ消耗オフィス所属でありながらオフィスのカウントダウンライブ(俗称カウコン)に参加しなかったり、ジャ消耗オフィス所属歌手のものを売っているジャニーズショップにも以前からSMAP関連のものは売らなくなった。
そういったことは、現実や他の集まりのファンからはSMAPが特殊だからという見方を受けていたように感じるが、ファンはそれほど思っていなかった。ただし、今回の一連のトラブルによりそんな見方をする別の集まりのファンや現実が多くなったように思う。
また、飯島派閥とジュリー派閥の歌手同士の共演が論外であったこともファンの間では前提ながら世間には知られていなかった。
それが何とか明るみになりSMAPの解散も免れたこともあり、個人的にはチラチラほっとしている。脱毛サロンで予約が取れました