JRAの岩田ジョッキーが不具合でてんで、重賞を勝てない

自分は、各週末日、競馬を見るのが穴場でなのです。なので、今年のJRAで特徴的なことは、岩田ジョッキーが重賞(賞金の厳しい勝負)を勝てないでいることです。岩田ジョッキーはエリア競馬から移籍して1年間まぶたで1000勝を超える結果を残し、去年も、レッツゴードンキという馬で特別のG1の桜花賞を含み、重賞を約15勝くらいしていました。ただし、岩田ジョッキーは、2016時期6月18お日様現在まで、重賞を一つも勝っていないのです。これは、断じて不思議なことなのですが、思い当たるふしが一つあります。それは、岩田ジョッキーが、実に強引な騎乗をしてきたことです。こういう強引な騎乗(たとえば、馬をほかの馬にぶつけるなど)により、勝利したことも多いのですが、ジョッキーサポーターから、総すかんをくってしまっているのではないのでしょうか。インコースをついて馬を賢く騎乗させてくる岩田ジョッキーですが、インコースがあかなかったり、出先をまわったときに、他の馬に科目に入られ、広く出先をまわらさせられるなどと、そういったことが、結構あるように思えます。名人の岩田ジョッキーですが、果たして、いつ復活してくるのでしょうか。1気違いとして、岩田ジョッキーがまた活躍することを期待して、待っています。あごニキビは、対策が必要です